2020年11月(指定日)の記事リスト【目次】

2020年11月(指定日)の記事一覧

九街憲章署名式典とテルマー国営ブラックロックR&D施設見学

デシリオンです!
11月13日(金)22時~ブラックソーン城にて「九街憲章署名式典」が行われました。
我々九街の首長にとって、今期最も重要なイベントであったと思います。
各街の首長が、それぞれの街の徳に対する解釈を綴った内容が記載されています。

2015年に初めて制定された「九街憲章」は5年おきの見直しということで、新たな首長を加えた九街が揃って無事執り行うことができました。
詳細についてはきっと、ろじゃさんやSunさんが纏めてくれるだろうと思いますので(と早くも投げる)ここでは個人的な主観を交えて当日の流れを大まかにレポしたいと思います!

この日も沢山の市民の皆様にお越しいただきました!ありがとうございましたー
20201113-1.png
今日の陛下の登場は、ゲートではなく徒歩・・・?
20201113-3.png
少し間をおいて、眩く輝くザー女王陛下がご来訪。
ブラックロック施設に対する溢れんばかりの思いが止まらない。
難民を受け入れるにも財政が乏しく、経済発展の為のエネルギー源としてブラックロックに目を付けた。
しかし、ブラックロックは現代に置き換えると「核」のようなもの。
その扱いは難しく、また管理するにはお金もかかる。
今回の訪問はその支援依頼も兼ねているらしい。

お二方の挨拶が一通り終わったところで、各街首長からもザー女王へ挨拶を行う。
個人的にはちょっとラグくて同じセリフを2回言ってしまいました、スミマセン!(大事な事だったんだなきっと)
あと一言セリフがあったんですが、画面が元に戻った時には拍手で終わってた・・・って言い訳させて下さいorz

その後、首長全員で新しく改定された「九街憲章」へ署名。
20201113-4.png
実は、前回(5年前)のログをみて予習していたのですが、今回は予想に反して署名は簡単なものでした。
むしろここからが本番!だったみたいです?

首長及び市民の皆様よりザー女王へ「ブリタニアの文化」お披露目会スタート!
まずはベスパー首長&補佐官殿より歓迎の歌が贈られました。
20201113-5.png
ストーンズはやはり名曲である。
Sun首長からはザー女王へ向けた詩もプレゼントされました、ステキだったー!!

続いて、ブリテイン首長よりTANKAが贈られました。
(固まってて写真撮れてませんでしたー!ろじゃさんすんません・・・)
ログが残ってたので、こちらでお披露目させて頂きます!
「晴れの日に 九人の首長 打ちそろい おほきみ(女王)の世の 千歳万歳(せんざい ばんざい)」
素晴らしい・・・!

最後はムーングロウ首長より生け花のプレゼント。
20201113-6.png
高低差をものともせずササっと作られるあたり流石です・・・!
次からジミー首長改め
カーリー(假屋崎)首長と呼ばせて下さい(謎

この他、ニューマジ首長Mayura様からもちょっとした一言があったり、陛下からの恒例ハゲいじりがあったりと宴は盛況のうちに終了。
20201113-7.png
デシリオン君、実はこっそり替え歌を用意していたのですが、い、言えない・・・(がくぶる)
こんなスバラシイ出し物達の後に「デシートあるある言いたい」とか歌えない・・・!
もうこのネタは墓場までもって行くと心に決めた、いやだってみんな格式高すぎデショ・・・
20201113-2.png
(そしてこっそりザー女王の服装チェックをしてたりした)

さて、ここからはザー女王が案内して下さるブラックロック施設の見学へ移動。
国家機密のため送迎はゲートのみだそう。
20201113-8.png
チョーアヤシイ色のゲートをくぐって向かった先はー?
20201113-9.png
「諸王の墳墓」にとても良く似た作りの建物だった!(あそこもテルマーだしね)
20201113-10.png
女王がひとつずつ丁寧に説明してくれる。
装置を使ってブラックロックを結晶化させているらしいのだが、その結晶化の際に褐虫藻に似た共生生物が関与しかなりの高熱を発生させる。
その熱の蒸気をつかってタービンを回し、エネルギーへと変換しているらしい。
この生物を活性化させることで効率を上げる云々・・・なんか思ってたのとだいぶ違うな・・・
結晶化のパターンもいくつもあり、そもそも原料となるブラックロックはブリタニア由来かもとか?
20201113-11.png
(滑るように歩く陛下と、全力疾走でついて行く皆さん)

やはりテルマーにはブラックロックの取扱いに長けた者がいないので、人材育成が最大の急務らしい。
最後に立ち入り禁止エリア傍の大きな装置の前で、お二方とはお別れとなった。
20201113-12.png
見学者の皆さんはもうちょっと見て行っていいってよー
くれぐれも閉鎖された空間には決して入らないように、との事。
これは・・・押すな、押すなの流れデハ・・・?
20201113-13.png
ほら開いたーーーーッ!!

Jitta: さて、行きますか?
Mayura: どこからいく
このお二人の証拠がログに残っておりましたw)
モチロン見学者全員で突撃だーい!
20201113-14.png
うあああああ!なんじゃこりゃー!! Gじゃね? Gダヨネ??
(引き寄せ食らって動けずGに取り囲まれるの図。ヒィーッ)
20201113-15.png
で、当然こーなる。
20201113-16.png
蘇生後はなんて幻想的なんでしょ・・・って言ってる場合かーーーッ!!
20201113-17.png
だんだんと狭い通路に追い込まれる皆さん。
敵はクリドラ能力者のG、おそらく10匹くらいはいたような・・・?
20201113-18.png
そうだよね、招待状(大和EMサイト)に入念に書いてあったもんね、戦闘準備しとけって・・・
とうとう初代クリドラ使いの魔女が牙をむいたのか・・・?
20201113-19.png
しかし何とか全員で力を合わせて無事討伐!!
帰りにろじゃさんとguraさんのお酒が振舞われ、お開きとなりましたー
参加された皆様、大変お疲れ様でしたー

残った冒険者の口からは、ここでせしめた保険代を研究所の運営に充てるのでは?という憶測が飛び交い、首長陣からは、うっかり先陣を切って入っていった一般市民(某ヤッ〇ーさん)を助けるついでに入った事にしようという画策が練られましたが、結局この件の報告については首都首長のろじゃさんとテルマーと親交の深いJittaさんに任せようということになりました(とここに書けば大丈夫だろう!)

結局、この施設の責任者とも会えないまま動力源かもしれない虫を撃破、先日の武器庫問題も解決せず、だいぶ前の水エレ調査も中途半端。
問題山積状態の大和評議会ですが・・・今後共どうかよろしくお願いいたします!

「九街憲章2020」

デシリオンです!
11月13日(金)22時~ブラックソーン城にて執り行われた「九街憲章署名式典」にて、各街の首長がそれぞれの街の徳に対する解釈を綴ったものが、1冊の本として纏められました。
現在、ブラックソーン城 王の居室傍に展示されておりますので、興味のある方は是非ご覧ください!

※各街首長の徳の解釈についてのみこちらに紹介しておきます。
bri-charter2020-1.pngbri-charter2020-2.pngbri-charter2020-3.png